保育士としての勤務経験の蓄積

現在では、保育士としての仕事の経験を蓄積させることが、非常に良いことであると認識されています。多くの保育施設などで保育士が活躍するようになってきているため、勤務経験を着実に積み上げることの可能な環境が整えられているのではないかと思います。そのため、保育士の仕事を通じて様々な経験を獲得し、若い世代の保育士に対して伝えていくことも重要になってきているのではないかと考えられています。こうした動向は多くの保育園などで見受けられ、蓄積された経験を伝えていくことも高い頻度で展開されていると言えるでしょう。
昨今は新たに保育士としてスタートを切る人が多い状態にあるのではないかとみられています。この傾向が強くなっていくことで、勤務経験を活かして後輩の保育士の指導にあたることも可能になるため、保育士として勤務の経験を蓄積することが望ましいと考えられています。また、自身のキャリアアップにも勤務経験を積み上げていくことは不可欠な取り組みであるとみられていることから、多くの保育士がこの点に意識を持って日々の仕事に邁進するようになるのではないでしょうか。全国的な規模でこの動きが見受けられるようになると考えられ、期待が寄せられています。

保育園の違い、保育士の違い

わたしには保育士の友人が何人も居る。
保育士の友人A子は中学時代の同級生。
身体を動かすことが大好きな陸上部員で、いつもショートカットだった。
高卒後に短大に進み保育し免許を取得し、認可保育園で保育士をして8年になる。
趣味でマラソンをしていて、健康的。
給料が少ないため、実家から通勤している。
仕事についてはよく愚痴っている。女性社会であるが故の苦労が多そうだった。
子供が好きで、友人知人の子供たちにもよくしてくれる。
保育園には専用の給食室があり、管理栄養士が毎日の求職を手作りしている。

保育士のB子も中学校の同級生だ。
B子は短大卒業後保育士になり、2年同じ保育所につとめた。
その後退職、美容関係の仕事を1年して、再度保育士として認可外の保育所で働き始めた。
美容関係の仕事をしている間はキャバクラでのアルバイトもしていた。
時間にルーズでギャルメイク。いつもグレーのカラーコンタクトをしている。
子供が好きで、壁面などの制作がとても得意。
しかし仕事についてはいつもやめたい、やめたいと言っている。
B子の勤める保育所は24時間保育で、給食の時間には市販のオヤツやレトルトの離乳食を与えている。
他の保育士さんも明るく元気だが茶髪や金髪が殆ど。

保育士は何歳になっても働けるし、一生ものの資格だ。求人も多い。
でも、私はB子の園には子供を預けたくないなあ・・・と正直思うのである。

保育士は子どもの気持ちを理解するのが大変

保育士の辛いところを挙げるならば、子どもの気持ちをなかなか100%は理解できないという点です。大人相手ですら相手の気持ちを理解するのは難しいですが、それが子どもとなればなおさらそうです。子どもは独特の考え方をしますからその気持ちを理解するのは決して簡単ではありませんし、子供が何を訴えていて何を欲しているのかを瞬時に察するのは大変です。

たとえば、たまたま他の子どもばかりに構って一人の子どもの相手をしてあげられなかったとき、その子どもが強烈な寂しさを感じて泣き出してしまったりします。保育士としてはそんなつもりがなかったとしても、そうされた子どもにしてはそれが一大事です。子どもを泣かせれば自責の念がわいてきますから苦しいですし、そこで「もっと頑張らなければいけない」と自分を追い込んでしまいます。

保育士は人手不足といわれていますからどうしても面倒をみ切れない子どもが出てきてしまうわけで、それが子どものことを理解できなくなってしまうきっかけになります。ですから、子どもが何を考えているのかはなるべく察してあげなければなりませんし、均等に構ってあげないといけません。そこら辺の気持ちを感じ取るのは経験が必要で、そこが保育士の難しさといえます。

東京、神奈川、横浜限定の保育士求人サイトはおすすめ

保育士のパートは以前までは8時間勤務が主流でしたが、最近は待機児童の増加に伴う夜間保育や早朝保育がどんどん広まっているので、人手が足りない時間帯に集中的に勤務する短時間パートも積極的に雇用している傾向にあります。
短時間パートの勤務時間は約4~5時間というところで、同じ年代の子供を持つ主婦の応募は結構多く、これまでの子育ての経験を活かせたり、躾の仕方も勉強になるとして働き甲斐がある職場として人気があるようです。
又、保育士のパートは時給1000円が大体の相場となっており、他の職種の主婦パートと比べても高い給与を得られる事から、子供の世話が好きで生活費を多く稼ぎたい人ならピッタリの仕事でしょう。
もし8時間のフルタイムパートを行うなら、保育園の規模や先生の人数いかんによっては、少人数のクラスの担任を一任される事もあり、歌やレクリエーションの様々な指導をする事にもなります。
もし長時間勤務可能な保育士パートを探すなら、最初から雇用条件が安定している公立保育所の職員になって保育の仕事に携わる方法もあります。
公立保育園の職員採用は狭き門と言われてますが、保育士資格の他にピアノや水泳、ヨガなど得意な技術や運動能力があるほど、子供に幅広い分野の保育ができるとして採用に有利にはなりやすいです。
又、公立保育園の勤務条件も基本的に月給制になりますし、きちんと休みたい時に休める有給休暇の取得も可能なので、年に1回募集要項が発表される地元の市長村の機関紙はこまめにチェックを入れておくといいでしょう。
その他にも、東京、神奈川、横浜限定ですが、保育士専門の求人サイトもあります。
こちら⇒http://東京神奈川横浜の保育士求人.com/
こちらで、求人を探してみてもいいかもですね。

保育士の仕事の辛い所

保育士の仕事に注目が集まっています。
保育士の仕事は、今需要が高まっており、さまざまな現場で必要とされています。
しかし、こうした保育士の仕事は「憧れの職業」として注目されがちですが、しかしこうした保育士の仕事はさまざまな辛い所があるといわれています。
たとえば、保育士の仕事ですが、まずは、給料などが安いといわれています。
保育士は、国家資格を持たないと働くことが出来ない仕事ですが、労働環境はそれほど良いものではなく、激務であり、そして給与が安い、と言うところも酸いくなくありません。
中には、アルバイトのような待遇である場合もありますし、また正職員だけではなく、パートやアルバイトなどが多い場合があります。
ですので、労働環境はそれほど良いとも言えません。
ですので、保育士の仕事をしようと考えていたとしても、こういった実際の現場のことなどを知っておくことが大切となります。
たとえば、保育士の仕事はさらには体力仕事となっているので、若いうちはいいけれど、体力的なことを考えると、ずっと働き続けることは厳しい側面があります。
結婚後も働き続ける場合は、やはりライフスタイルなどを考える必要がありますし、身体も厳しいことが多いです。

保育士の仕事について

私は保育士の仕事を6年半やっていました。子供たちと毎日遊ぶのがとても楽しく充実した日々を送っていました。一緒にいろいろな公園に出かけたり、様々な動物園や水族館など
見ることができて本当に楽しい日々を過ごしていたように思います。子供たちの毎日を見ながらよかったことは、やはり成長することです。その他にも子供のちょっとしたつぶやきがとても面白かったり感動したりと楽しいことがたくさんありました。人生で小さな子供と関われた事はとても幸せな毎日だったように思います。大変だったのはしっかりと見ていても子供が怪我をしてしまったりするととても心が痛みました。また親御さんの対応なども慣れないうちは大変でした。クレーム等があると園全体の問題になってくるのでとても大変です。またよくありがちな話ですが女性が多い職場ですので、人間関係が大変だったり心が痛むようなことを言われることもありました。しかし、たくさん指導していただいてありがたいと思うようなこともたくさんありました。また自分の子育てに役立つ声掛けや関わり方を教えていただいたので良かったと思います。特に歌や手遊びなどはかなりたくさんの数覚えたので今の子育て中で役に立ちます。

保育士の仕事があっている妹

妹が保育士として働いていますが、すごくやりがいがあるけれど、精神的にも体力的にも大変だと言っています。私も昔は保育士を目指していたことがあるのですが、そこまで子供が好きか?と考えた時、何かあったらものすごく責任のあることなので、やめようと思いました。でも妹は昔から子供が大好きで、親戚の子供達や公園で遊んでいる子供たちとよく遊んであげたりしていたので、本当に保育士の仕事があっているんだと思います。

そんな妹も時々ですが、保育士を辞めようかなとか、向いていないのかもとこっそり泣いている姿を見てしまいました。だから保育士ってとても大変なんだろうなぁと思います。人様の子供を預かってお世話をするわけですから、すごく注意をしなくてはいけないですし、子供の世話って親でも大変なのに、すごい仕事をしているなぁと感心しますね。

妹に「保育士になって良かった?」と聞いたことがあるのですが、すごく笑顔で保育士になって良かったと言っています!どんなに好きな仕事でも辛いことはあるでしょうし、それでも好きって言えるなら良いと思いますね。私は自分の仕事に対してそれほど好きではないので、保育士の仕事をしている妹がとてもイキイキした毎日を送っていて、正直羨ましいです。

保育士さんって素晴らしい仕事ですよね

保育士の仕事って大変だなぁと思います。子どもを預けていますが、毎日笑顔で出迎えてくれる保育士さん、きっとイライラすること、辛くなることがあるのに毎日しっかり仕事をしているなと感じています。親の私でも、子供を世話することはものすごく大変なのに、何人もの子供の相手をするなんて尊敬できる仕事ですよね。育児をしている時に、何度も会社で仕事をしている方がすごく楽だって思ってしまう私です。

知り合いにも保育士さんがいるのですが、やっぱりしっかり者で優しいんですよね。一緒に行動している時に、ふとした気遣いが素晴らしく、だから保育士として働くことができるんだなと感じます。鈍感な人だったら絶対にできない仕事だと思います。また、保育士さんっていつでも笑顔なところも魅力的ですよね。子どもって笑顔の人が大好きですから、そういう方が保育士さんだと本当に安心して預けることができるなと思っています。

保育園に子供を預けるときは、どのような保育士さんがいるのかしっかりと調べて保育園を選びました。やはり中にはひどい保育士さんもいるようなので、とても慎重になります。でもそういう方は一部であり、私の子供が通っている保育園は、みんな明るく元気で笑顔の保育士さんたちばかりなんです。他のお母さんたちも、安心して毎日預けていますね。子供が将来保育士さんになりたいと言ったら応援したいですが、心身ともに強い人じゃないとできないよって言いたいです。